自分に合うクレンジングを探そう!

MENU

クレンジングの大切さ

クレンジングは化粧品を落とすために必要なスキンケアアイテムとして使われています。
しかし、自分はどのようなクレンジングをすればいいのかどうかを知ることは少ないと思います。
化粧が落ちればクレンジングは何でもいいと思っている人が多いと思いますがそれは間違いです。
クレンジングは自分の化粧と相性がいいのか、肌にはダメージが少ないかどうかも検討をしていかなければならないからです。
化粧が薄いか濃いかでクレンジングを使い分けなければなりません。
落とすことができたとしてもその分洗うので肌への負担が高くなりダメージが大きくなります。
クレンジングにも種類があることをご存知でしょうか?
主にオイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルクなどがありますので、それぞれの特徴を解説します。
オイルクレンジングは、その名前の通り、オイルの力を利用してクレンジングをします。
オイルは化粧を洗い落す効果がとても高いので濃い化粧などを手軽に落とすことができます。
しかし、その分肌へのダメージが大きくなるので、肌の状態と落とす化粧を選ばなければなりません。
オイルクレンジングでしか落とすことができないメイクをした場合のみ使うのが良いでしょう。
リキッドクレンジングはオイルクレンジングの次に洗い落しやすいクレンジングです。
べたつくことも少なく、液体なので使いやすいです。
クレンジングジェルはジェル状のクレンジングとなっており、オイルタイプと水性タイプがあり、オイルタイプの方が効果が高いです。
クレンジングクリームは化粧を落とす力はありませんが、油分が多く含まれているので肌へのダメージは少ないです。

クレンジングミルクも同様です。
このようにクレンジングにも種類があります。
自分はどのクレンジングが良いのか調べてみましょう。

 

クレンジングオイル