肌チェックの仕方を知る

MENU

肌チェックの仕方

肌には主に普通肌、混合肌、脂性肌、乾燥肌の4つの種類があります。
普通肌が理想だとされる肌の状態で、脂質と乾燥のバランスが良い状態の肌だと言われています。
混合肌はある部分が脂性肌だったり、乾燥肌だったり部分的に肌の性質が異なる状態のことを指します。
日本人はこの混合肌の割合が多いです。
主に顔は脂性肌で他の肌は乾燥肌だったりする傾向が見られたりします。
乾燥肌は水分と皮脂が少なく、シワなどになりやすい肌です。
乾燥肌だとニキビができにくいイメージが大きいですが、実際はそんなことはなくむしろニキビができやすいです。
肌の状態には主に4種類あることを覚えておいてください。
さらに症状が悪化すると敏感肌になります。
敏感肌になると、少しの衝撃でも痛みを感じ、出血などもします。

 

肌チェック

 

敏感肌になってしまわないように手入れをしっかりとしなければなりません。
それぞれの肌タイプにあったスキンケアをしていかなければならないので肌チェックをすることはとても大切です。
肌をチェックする方法はとても簡単で洗顔をして顔をふいたあとに何もしないで30分ほど放置をしてください。
少しつっぱるが、その後元に戻るのであれば普通肌です。
皮脂が出てべたつく場合は脂性肌。
べたついたりつっぱったりしている肌は混合肌。
肌のつっぱりが酷い場合は乾燥肌です。
このように自分の肌チェックをすることは簡単ですので、自分の肌の状態を一度チェックをしてみてください。
敏感肌にならないように対策をしていかなければなりませんが、特に原因となるのは紫外線です。
日焼け止めクリームなど常時準備をする必要があります。
また栄養不足による原因でもなりやすい傾向がありますので十分に注意をしましょう。