基礎化粧品の種類について

MENU

基礎化粧品とはメイクのための化粧品ではなくスキンケアのための化粧品です。
基礎化粧品には色々なものがありますが、スキンケアをするには基礎化粧品を使う順番がとても大事です。
間違ったスキンケアをしてしまうと肌のバリアを落とすことになり、敏感肌の原因になってしまいます。
まず最初に大切なことはしっかりと手を洗うことです。
汚い手のまま顔を洗うと菌が顔に付着をしてしまいます。
特にニキビなどで悩んでいる人は注意をしなければなりません。
まず最初はクレンジングでメイクを落としていきます。
クレンジングはメイクを落とすための化粧品です。
メイクを落とす際の注意点としては一度に全部のメイクを落とそうとしてはいけません。
先に目元や口元のポイントメイクを落としていきます。

 

女性

 

化粧の濃さによってクレンジングも変えていかなければなりません。
無理に化粧を落とそうとすると力が入ってしまい、肌にダメージを与えてしまうことになります。
クレンジングを使う場合は、人肌で温めてから使うとメイクとやく馴染むため、使用する際は手のひらに乗せてクレンジングを温めてから使いましょう。
次にTゾーンからクレンジングをのせ馴染ませていきます。
Tゾーンは皮脂が多く肌に負担をかけることがあるため、先に行います。
時間をかけて丁寧に洗いたくなってしまいますが、洗いすぎと時間のかけすぎはダメージが増えるだけなので素早く馴染ませます。
次にぬるま湯で洗い流します。
熱すぎたり、冷たすぎたりしますと乾燥の原因となったり、脂性肌の原因となりますので、バランスよく洗い流しましょう。
次に洗顔をしていきますが、泡を立てていきます。
泡立てネットなどがあれば効果的に泡を作ることができます。
泡を作ることで肌に負担をかけることなく洗顔することができるようになります。
まずはTゾーンからUゾーンへと移りながら汚れと馴染ませます。
またここでも力を入れすぎると肌にダメージを与えてしまう原因となるので気を付けてください。
ここでも洗い流すときはぬるま湯で洗い流してください。
顔をふくときは必ず清潔なタオルで拭き取ってください。
化粧水をつけるときはコットンになじませると良いでしょう。

 

女性3

 

顔全体になじませてください。
美容液は手のひらに出し、気になるところになじませ顔全体になじませましょう。
何度も言いますが、力は入れすぎないよう気を付けてください。
クリームなどは指先につけて皮脂の少ない部分を中心になじませていきます。
化粧品には順番があるので正しい方法でスキンケアをしていかなければならないことが分かったと思います。